Top / ISO感度の設定について

ISO感度の設定について

ISO感度とは

薄暗い場所で撮影をすれば、カメラ自体が適正露出にしようとするために、シャッター速度が遅くなりブレた写真になります。
このような状況の時にはISO感度をオート設定していれば、カメラまかせで光を捉え高感度で撮影ができ、手ブレや被写体ブレを防ぐことができます。
※薄暗い場所での撮影は三脚の使用をお勧めします。ISO感度が高くても手ブレや被写体ブレを防ぐことができない場合もあります。

オートISO感度を使う

最近のデジタル一眼レフのエントリーモデルは高性能になり、ノイズを抑える映像エンジンが採用され、ISOオート/AOUTを選択すればISO100~○○○○の間をカメラが自動で数値を設定して、薄暗い場所でも高感度で手ぶれを防いで写真が撮れるようになっております。

ISO感度はISO100、ISO200、ISO400、ISO800というような数値で表され、どのようなカメラでも撮影者の好みに応じてISO感度を設定(固定)できるようになっております。
カメラの扱いに慣れられるまでは、オートISO感度の方が失敗は防げると思います。

下記の表に各メーカーのデジタル一眼レフエントリーモデルとミラーレス一眼のオート設定のISO感度範囲を記述しておりますのでご参考にしてください。
※オートの数値範囲より拡張感度(低い感度や高い感度)の設定もできる機種があります。購入の際にはご自身で仕様をお調べください。
※APS-Cサイズ採用カメラのみ

メーカー名型式ISO 感度
キヤノン
CANON
Kiss X90ISO 100~6400
EOS 9000DISO 100~25600
EOS M100ISO 100~25600
EOS M6ISO 100~25600
EOS M5ISO 100~25600
EOS Kiss X9iISO 100~25600
EOS Kiss X10ISO 100~25600
EOS M200ISO 100~25600
EOS Kiss MISO 100~25600
EOS Kiss M6 MarkⅡISO 100~25600
EOS 80DISO 100~16000
EOS 90DISO 100~25600
EOS 6D MarkⅡISO 100~40000
EOS RPISO 100~40000
EOS 7D MarkⅡISO 100~16000
EOS 5Ds RISO 100~6400
EOS 5DsISO 100~6400
EOS 5D Mark ⅣISO 100~32000
EOS RaISO 100~40000
EOS RISO 100~40000
EOS-1D X Mark ⅡISO 100~51200
EOS-1D X Mark ⅢISO 100~102400
ニコン
NIKON
D3500ISO 100~25600
D5300ISO 100~12800
D5600ISO 100~25600
D7500ISO 100~51200
D500ISO 100~51200
D750ISO 100~12800
D780ISO 100~51200
D810AISO 100~12800
D810ISO 100~12800
D850ISO 100~25600
DfISO 100~12800
D5ISO 100~102400
ペンタックス
PENTAX
K-70ISO 100~102400
KPISO 100~819200
K-1ISO 100~204800
K-1ⅡISO 100~819200
645ZISO 100~204800
シグマ
SIGMA
fpISO 100~25600
sd QuattroISO 100~6400
sd Quattro H
APS-Hサイズ
ISO 100~6400
ソニー
SONY
α5100ISO 100~25600
α6000ISO 100~25600
α6100ISO 100~32000
α6400ISO 100~32000
α6500ISO 100~25600
α6600ISO 100~32000
α77 IIISO 100~25600
α99 IIISO 100~25600
α7ISO 100~25600
α7SISO 100~102400
α7ⅡISO 100~25600
α7RⅢISO 100~32000
α7RⅣISO 100~32000
α9ISO 100~51200
α9ⅡISO 100~51200
富士フイルムX-A5ISO 200~6400
X-A7ISO 200~12800
X-E3ISO 200~12800
X-T100ISO 200~6400
X-T200ISO 200~12800
X-T20ISO 200~12800
X-T30ISO 160~12800
X-T2ISO 200~12800
X-T3ISO 200~12800
X-Pro2ISO 200~12800
X-Pro3ISO 160~12800
X-H1ISO 200~12800
GFX100ISO 100~12800
GFX 50SISO 100~12800
GFX 50RISO 100~12800


ISO感度の固定設定を使う

ISO感度を上げ下げ出来れば撮りたいシーンは沢山あります。
例えば、曇りの時でシャッター速度を上げたい時、薄暗い場所でフラッシュを「併用する・しない」で夜景をバックに入れ人物をくっきり撮りたい、夜景を撮りたい、長秒時露光撮影で夜景や星空を撮りたい、長秒時露光撮影で水の流れを撮りたい時など活用できます。

ISO感度が上がれば上がるほど、写真自体にざらつきが発生する場合もありますので、注意が必要になります。
そのような時にはISO感度を固定して撮ることをお勧めします。
カメラを触り始めたら、各カメラの取扱説明書やマニュアル本(有料)などを参考にして、出来る限りISO感度の固定の設定を覚えて下さい。



下記の画像はCANON製カメラの場合における、簡単なISO感度固定設定方法です。
設定方法はカメラの機種により異なります。

ISO感度の固定は応用撮影ゾーンISO感度の固定設定を使うのモード時のみです。
AOUT、ISO100、ISO200、ISO400、ISO800、ISO1600、ISO3200などモニタに表示されている数値から自由に選んで設定できます。
※かんたん撮影ゾーンではISO感度が自動設定になります。

ISO感度の固定設定を使う

ISO感度の固定設定を使う
※画像はキヤノンホームページより

ISO感度を選ぶ時の目安

ISO感度撮影場所・状況フラッシュの届く距離
100~400晴天時の屋外ISO感度の数値が大きい程
フラッシュ撮影できる距離が長くなる
400~1600曇り空、夕方
1600~6400、12800、H暗い室内、夜景


カメラテクニック・マニュアル・ガイド本はこちら