デジタル一眼レフ、選び方と使い方の基礎知識


これからはミラーレス、それとも一眼レフ・・・?

ここ数年でデジタル一眼レフの機種も減って、ミラーレスの開発に力を注ぐメーカーさんが増てきました。

軽量コンパクトのミラーレスはたくさんの機種が販売されるようになり、お子さんの運動会や公園、各スポーツの会場などといろんな場所で、無心に撮影されてるカメラマンを見かけます。
最近はミラーレス機が普及したこともあり、軽量化に伴い女性カメラマンをよく見るようになりました。

詳しいことはわかりませんが・・・?
年々 ミラーレスカメラの販売実績が占める割合が大きくなり、キヤノンやニコン製の「デジタル一眼レフカメラ」は2023年1月時点で2年以上、新製品の発表が無く、現行のカタログに掲載されているモデルで最終になるのではと聞きます。

近い将来、キヤノンやニコンはデジタル一眼レフから撤退するという話もあるみたいで、これから先はミラーレスの開発・販売へ一本化されることは必然のようです。

しかし、まだまだ一眼レフのユーザー数は多く、根強い人気があるみたいです。
もし「デジタル一眼レフ」にコダワリをお持ちの方は、最後のデジイチとしてご購入されることも面白いと思います。

レンズ交換式のデジタルカメラには2つのタイプ

レンズ交換式のデジタル一眼カメラには「クリアな視界のデジタル一眼レフ」と「軽量ボディのミラーレス」という2つのタイプがあります。

下の画像はCanon製のエントリーモデルでミラーレス「EOS Kiss M2」と一眼レフ「EOS Kiss X10i」です。一眼レフには「ミラー」や「光学ファインダー」が組み込まれており、ボディーサイズがミラレースより大きくなります。
※実物の寸法とは異なります。

レンズ交換式、デジタル一眼、2つのタイプ

レンズ交換式、デジタル一眼、2つのタイプ

参照:Canonホームページより



一眼レフやミラーレスはキット付属レンズや別売りのレンズなどへ容易に交換ができます。
広角レンズや、望遠レンズ、マクロレンズなど被写体に合わせて、うまく活用されれば、より上を目指して撮影をお楽しみいただけます。

最近は純正レンズに限らず社外製のレンズの種類も豊富なり、デジタル一眼が初めての方でも選びやすくなったようです。

レンズ交換式のデジタルカメラの本体にはレンズマウントがあり、そのマウントの取り付け指標(合点印、赤や白色など)に合わせてゆっくりまわしてレンズを装着します。

マウント形状は各メーカーで異なります。
同一メーカーであっても一眼レフとミラーレスなどのタイプでも異なります。


レンズマウントについて続きはこちらのページへ






リアルなファインダーと瞬間撮影の一眼レフ

一眼レフの魅力に「瞬間をとらえる強さ」があります。
レンズから入ってきた光をボディの中にあるミラーで反射させ、光学ファインダーに映し出し、リアルタイムで被写体を確認できるため、撮りたい瞬間にシャッターをきることができきます。

一眼レフは「ミラー」や「光学ファインダー」が搭載された構造になります。
その分ボディーサイズはミラーレスより大きくなりますが、ツマミやボタン類は使いやすい配置で、深いグリップで安定した持ち方ができます。

また一眼レフはファインダー撮影を行った場合、ミラーレスに比べ省電力になり、バッテリー持ちがよく、撮影枚数も多くなります。

もちろん一眼レフもミラーレスもスマホのように液晶モニターを見ながら静止画や動画などのライブビュー撮影が可能ですが、その場合一眼レフでもミラーレスと同様に撮影枚数が減ります。

最近では、タッチAFやタッチシャッター(静止画撮影時)をはじめ、より鮮明な動画を撮影できる4K UHD対応の機種も普及しており、それに伴い低消費電力設計や長寿命バッテリーなどが搭載されるようになりました。

pentaxのページより

[check]ファインダーをのぞくと肉眼に近いクリアな視界が得られ、思い描いた構図通りの写真を高画質でとることが出来るというのが、デジタル一眼レフカメラの魅力にもなります。

交換レンズの種類も豊富で、広角レンズや、望遠レンズ、マクロレンズなどと好みに合わせてレンズを選ぶことができ、より一層仕上がりの良い写真撮影が可能になります。

一眼レフ、特徴


モードダイヤルでかんたん撮影はこちらのページへ


amazon デジタル一眼レフカメラ の 売れ筋ランキング


軽量でコンパクトサイズのミラーレス

ミラーレスカメラにはミラーが無く。
目の前の被写体をいったん映像に変換して電子ビューファインダーや液晶モニターに映し出し、その後シャッターを押す流れになります。
そのため動きがある被写体では“撮りたい瞬間”と“撮れた写真”には、わずかなタイムラグ(ズレ)が生じてしまいます。

上級機種ではそのようなズレはほとんど解消され、レンズ交換式のデジタル一眼では、ミラーレスが主流になってきたと聞きます。

ミラーレスカメラの場合、電子ビューファインダー搭載でない機種ではスマホで撮影するような感じになり、ピントが合ったことを液晶モニターで確認することになりどうしてもシャッターを切るまで時間がかかりますので、電子ビューファインダー搭載の機種をお薦めします。

元気いっぱいのお子さんや動き回るペットなどを狙うなら、一眼レフの「瞬間をとらえる強さ」は頼もしい味方になります。

またミラーレスカメラは電子ビューファインダーや液晶モニターで画像を確認しますので、一眼レフよりバッテリーの消費が早いので、撮影枚数も少なくなります。
動画や写真などを多く撮りたいと思われる方は予備のバッテリーの準備をおすすめします。

※ミラーレスカメラには電子ビューファインダーが搭載されない機種もありますので、購入前にはご確認ください。

ミラーレスカメラ、特徴



撮像素子についてはこちらのページへ


Canon、Nikon、OLYMPUS、Panasonic、FUJIFILMなど、最新の人気ミラーレス一眼 の 売れ筋ランキング