デジタル一眼レフ入門、選び方と使い方の基礎知識

レンズ交換式のデジタルカメラには2つのタイプ

デジイチとミラーレスを簡単に比較しました

レンズ交換式のデジタルカメラには大きくて重そうなデジタル一眼レフと軽量コンパクト設計のミラーレス一眼という2つのタイプがあります。

ミラーレスには一眼レフのようなミラーや光学ファインダーなどが無い構造でボディーサイズもコンパクトで軽量になります。

撮影時には電子ビューファインダーや液晶モニターで映像を確認してシャッターを押します。また明るさや色味などを撮影前に確認できる機種もあります。
※電子ビューファインダーが搭載されてない機種もあります。

左側がcanonミラーレス一眼EOS Kiss Mで右側がデジタル一眼レフEOS Kiss X9i

上の画像は向かって左側が軽量コンパクトで高性能電子ビューファインダー(EVF)を内蔵したcanonミラーレス EOS Kiss Mで右側が光学ファインダー搭載のデジタル一眼レフ EOS Kiss X9になります。
EOS Kiss X9はキヤノン製の一眼レフの中でも最も軽量コンパクトですが、さすがにミラーレスKiss Mは小サイズで軽量です。
ここでは2つの機種を簡単に比較してみました。

ミラーレスとデジタル一眼レフの比較
EOS Kiss MEOS Kiss X9
重量軽い 387グラム重い 453グラム
一眼レフの中では軽い機種です
携帯性軽快に持ち歩ける時々邪魔になる
グリップ小さい分持った時に不安定手になじみやすい大きさ
防塵・防滴エントリーモデルには未採用エントリーモデルには未採用
ミラー無し有り
ファインダービューファインダーEVF
撮影前にライブビュ撮影と同じように写真の仕上がりをファインダーでチェック
光学ファインダーでリアルタイム
液晶モニター
ライブビュー
明るさや色味などを撮影前に確認することができる明るさや色味などを撮影前に確認することができる
動体撮影やや苦手得意
シャッター速度1/4000~30秒
電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
1/4000~30秒
電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
連続撮影速度サーボAF時・高速連続撮影速度 最高約7.4コマ/秒、高速連続撮影:最高約5.0コマ/秒
ライブビュー撮影時、サーボAF・設定時は最高約3.5コマ/秒
サイズ小さい
幅116×高さ88.1×奥行58.7
大きい
幅131×高さ99.9×奥行76.2
映像エンジンDIGIC 8DIGIC 7
画素数約2410万画素約2420万画素
センサーサイズAPS-CサイズCMOS
約22.3 × 14.9ミリ
APS-CサイズCMOS
約22.3 × 14.9ミリ
撮影枚数

フル充電の純製バッテリー使用時
電子ビューファインダー 常温(23℃)約235枚ファインダー撮影:常温(+23℃)約650枚
ライブビュー撮影:常温(+23℃)約260枚
amazon

EOS Kiss M ダブルズームキット

EOS Kiss X9 ダブルズームキット



EOS Kiss MもEOS Kiss X9も性能的には同レベルでEOS Kiss Mの方が新・映像エンジンになります。
EOS Kissシリーズのデジタル一眼レフはミラーレスに比べれば少し大きくなりますが、デジタル一眼レフの中では最も軽量になります。ミラーレスよりグリップも大きく手に馴染み、操作ボタン類にも触りやすい設計です。
EOS Kissシリーズのミラーレスとデジイチどちらのタイプも初心者や女性の方には大変おすすめです。

またEOS Kissシリーズに限らず軽いカメラを望まれるならミラーレスをおすすめします。
最近は各メーカーからたくさんの機種が出ておりますので好みの機種をお探しください。



ミラーレス一眼カメラとは

最近ではスゴイ人気のミラーレス一眼カメラですが軽量でコンパクトなレンズ交換式デジタルカメラになります。
私自身が大変気になるのが、各メーカーさんで様々な呼び方があり、何と呼べばよいのか迷う場合があります。

一般的にはミラーレス一眼と呼ばれているようですが・・・
どちらにせよ、ここではミラーレス一眼カメラまたはミラーレスと呼びます。

進化中のミラーレス一眼

ミラーレス一眼カメラとは・・・
簡単に言えば!!
デジタル一眼レフカメラから光学式ファインダー(レフレックスファインダー)に関わる構造をそっくり取り除き、電子ビューファインダーや液晶ディスプレイで画像を確認する、コンパクト化されたレンズ交換式のデジタルカメラになります!(^^)!};

もっと簡単に言えば!!
デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラから、良いところを取り合体させたデジタルカメラが、ミラーレス一眼カメラだと思います(^_-)};
ミラーレス一眼カメラとは・・・続きはこちら


デジタル一眼レフの特徴

光学ファインダーとクリアな視界

pentaxのページより
デジタル一眼レフには光学ファインダーが搭載されおり、カメラ本体に装着された一つのレンズ『一眼』で撮影用やファインダー用に同一のレンズを使います。
レンズから入る光をレフレクター『ミラー(反射板、レフ板)』により反射させ、ペンタプリズム(ペンタミラー)内を通ることで、ファインダーを覗いて通見える画像と、仕上がりの画像が同じように撮影出来る仕組みです。

そのような仕組みで、光を電気信号に変える撮像素子を使って撮影出来るカメラを、デジタル一眼レフカメラと呼びます。

デジタル一眼レフカメラは瞬時にピント合わせが出来るので構図決定も容易で撮影に集中できます。
コンパクトカメラと違い、レンズにはしぼり羽根が組み込まれており、ボケを生かした撮影などができます。
最近では、従来通りの光学ファインダーの機能に加え、色々な角度に対応した撮影ができる便利なバリアングル液晶搭載の機種や液晶モニターに表示(ライブビュー)される被写体を見ながらタッチパネル機能で操作できる機種も増えてきました。

デジタル一眼レフ入門、選び方と使い方の基礎知識、
※上の図はデジタル一眼レフの内部構造のイメージです。
レンズ先端から光(像)が入って矢印のようにミラー構造の光学ファインダーを覗いてシャッターを押すか、または撮像素子(イメージセンサー)が受けた画像を液晶画面で表示(ライブビュー)される画像を確認してシャッターを押すことになります。

デジタル一眼レフはファインダーを覗くと肉眼に近いクリアな視界が得られます。特に明るい日中やまぶしい日差しの中ではその力を発揮します。
思い描いた構図の写真を高画質で撮ることが、デジタル一眼レフカメラにおいて最大の魅力になります。

またレンズの交換も可能で、広角レンズや、望遠レンズ、マクロレンズと撮影に合ったレンズへ交換することができ、仕上がりの良い写真を撮ることが出来ます。




カメラメーカーやレンズメーカー

購入となればたくさんの機種の中から好みのメーカー、カメラ、レンズを選ぶことになります。
どのような機種を選ぼうかと迷われてる方は、一度はカメラショップ等へお出かけください。
売場にはたくさんの製品が並んでますので手に取って大きさや重さなどをお確かめの上お気に入りを見つけてください。

国内のカメラメーカーはたくさんあり、同時に各メーカーの純正レンズも製造されております。

その中でもデジタル一眼レフカメラを製造しているメーカーはCanon、Nikon、PENTAX、の3社だけになり、その3社ではミラーレス一眼カメラも製造されております。

そのほかのメーカーでも以前はデジタル一眼レフが製造されておりましたが、現在では軽量コンパクトのミラーレスのみの製造のようです。

下の表は各メーカーで製造されているカメラタイプです。
○印が製造で×印は製造ナシ

各メーカーで製造されているカメラタイプ(コンデジは除きます)
製造メーカレンズ交換式デジタルカメラ(デジタル一眼カメラ)
デジタル一眼レフカメラミラーレス一眼
キヤノン
ニコン
リコー/ペンタックス
ソニー×
富士フイルム×
シグマ×
オリンパス×
パナソニック×

上記のメーカー以外にTAMRON、KOWA、Tokinaなどのレンズメーカーがあり、色々なタイプのレンズがあるようです。
レンズ交換式カメラにはそれぞれに専用マウントがあり、互換性があれば社外製のレンズでも装着が可能です。

またどちらのタイプのカメラにも大きめ(面積)の撮像素子が組み込まれており、高画質を望まれる方にはフルサイズやAPS-Cサイズがお勧めです。

撮像素子についてはこちら

Canon、Nikon、OLYMPUS、Panasonic、FUJIFILMなど、最新の人気ミラーレス一眼からお買い得モデルまで。

法人・個人事業主様向けの新しいビジネス購買専門サイトです。