Top / 撮像素子・センサー

撮像素子/センサー

搭載されている撮像素子の違い

pentaxのページより
撮像素子とはレンズから入って来た光(画像)をデジタル信号(電気信号)に変換する半導体素子だと覚えて下さい。
撮像素子は撮像画面やCMOSセンサーなどと呼ばれてれています。

撮像素子はフィルムカメラのフィルムに相当する部分で、デジタル一眼レフカメラの撮像素子はコンパクトデジカメやケータイのカメラのものとはサイズ(面積)も大きく、それゆえの高画質となります。
同時に撮像素子サイズが大きいほど本体価格も高額になります。

※イメージセンサーサイズは各メーカーさんで異なり、多くの種類がありますので、製品の詳しい内容を知りたい方はカタログなどでお調べ下さい。



センサーサイズと簡単な詳細

センサーサイズと簡単な詳細を下記のような表にしております。

フルサイズ
(約36 × 24mm)
フルサイズ
フルサイズ搭載のカメラは、通称フルサイズ機と呼ばれており高額なものになります。
おもにプロ用やハイアマチュア用として発売されています。最近は一眼レフよりミラーレスの話題で大変賑わっています。
フルサイズ機の性能は優れ高画質で、カメラ本体とレンズは高額になります。

APS-Cサイズ
(約23 × 15mm)
APS-Cサイズ
デジタル一眼レフカメラ(デジタル一眼、ミラーレス)に採用されている素子の中でも、APS-Cサイズ(約23×15mm)も素子サイズとしては大きい方になります。
メーカー各社で素子サイズは異なります。

ミラーレス一眼ではcanon/キヤノン EOS MやフジフィルムのX-Pro1やソニーのNEXシリーズ。レンズ一体型ではフジフィルムのX100S等があります。

マイクロフォーサーズ
4/3型
(約17.3 × 13.0mm)
フォーサーズ
OLYMPUSとPanasonicのレンズ交換式モデルに搭載されております。
フォーサーズもマイクロフォーサーズもイメージセンサーの面積は同じです。
CXフォーマット、1型
(約13.2 × 8.8mm)
CXフォーマット、1型
Nikon1シリーズ。ソニーのレンズ一体型コンパクト機 RX100など。
(製造中止)
1/2.33型
(約6.2 × 4.6mm)
1/2.33型
最近のほとんどのコンパクトデジタルカメラに採用されています。
このサイズのイメージセンサー搭載になれば一眼レフ特有のような、ボケ味はほとんど出せないと思います。
もちろんカメラの構造も異なります。

1/2.33型イメージセンサーは、35mmフィルム1コマに対して3%程の面積で、フルサイズデジタル一眼の撮像素子に比べると随分と小さな撮像素子に一眼レフ並みの画素数で画像を記録してるそうです。

例えば同じ画素数のデジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)とコンパクトデジタルカメラ(1/2.33型イメージセンサー)で撮った写真を、原寸大まで拡大すれば、その差は歴然でコンパクトデジタルカメラの画質は劣ります。

デジカメ(全般)に言える事ですが、イメージセンサーが画質に大きく影響します。どのカメラでもセンサーを大きく出来れば良いのでしょうが、大きい撮像素子を搭載すれば、すべてにおいて金額が高くなります。
プロフェッショナル用のフルサイズやハイアマチュア用のデジタル一眼レフカメラの本体が高額になるのは色々な技術やパーツが含まれての事とお考え下さい。



35mm判換算とは?

フィルムからの由来です

そのような場合35mm判の「フォーマット、撮像素子サイズ、センサーサイズ」を基準にしてレンズの焦点距離に換算した方が理解しやすいため「35mm判換算焦点距離」が用いられるようになりました。

ではなぜ35mm判換算という呼名がついたのか?と簡単に言えば、今ではごく一部の方だけが使われてるフイルムの寸法からの由来です。
フィルムにも何種類かのサイズがありました。
しかし多くの方に使われていたフィルムは35ミリフィルムでした。

35㎜フィルムはフィルム幅の上下寸法が35mmで1コマ(撮像面)の寸法が幅36mm×高さ24mmになります。
35㎜フィルム寸法、35㎜フィルムはフィルム幅の上下寸法が35mmで1コマ(撮像面)の寸法が幅36mm×高さ24mmになります。
※フィルムに物差しを乗せた参考写真です。原寸大ではありません

その幅36mm×高さ24mmというサイズがデジタル一眼カメラでいえばフルサイズセンサーと呼ばれます。

当時のカメラやレンズはほとんどが35㎜フィルム専用で焦点距離を色々と比べる必要もありませんでした。
しかしデジタル時代に入りセンサーサイズの種類が増えたことにより35mm判換算が必要になり35㎜フィルムが基準となりました。

そのように換算された焦点距離の値を35mm換算値と云います。
35mm判換算の焦点距離は各カメラメーカーの本体やレンズの仕様書またはカタログ等に表記されております。

例えばキヤノンのデジタル一眼レフカメラ (撮像素子:APS-C・約22.3×14.9mm) EOS Kiss X9iやミラーレスカメラ(デジタル一眼ノンレフレックスAF・AEカメラ)の場合、有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当と表記してあります。

約1.6倍相当という倍率は下記の図のように長方形の対角線の長さを三平方の定理から導き出されます。
フルサイズセンサーの対角線をAPS-Cサイズの対角線の長さで割った数値になります。

約1.6倍相当という倍率はフルサイズセンサーの対角線をAPS-Cサイズの対角線の長さで割った数値になります。

フルサイズ 横幅36mm×高さ24mm 対角線の長さ43.3mm
APS-Cサイズ 横幅22.3mm×高さ14.9mm 対角線の長さ27mm
43.3mm÷27mm=1.6倍

CANON EF-Sレンズ EF-S18-55mm F4-5.6 IS STMをEOS Kiss X9iに装着したとします。
このレンズで換算すれば18-55mm×1.6倍=広角端29~望遠端88mm相当の焦点距離をカバ-出来るようになります。

※ニコン、ソニー、ペンタックス、富士フイルム製品の撮像素子:APS-Cサイズはキヤノンに比べ少し面積が広くなりますので、35mm判換算の焦点距離は1.5倍になり、同じ焦点距離のレンズであれば広角端27~望遠端83mm相当の焦点距離をカバ-出来るようになります。

パナソニック、オリンパス製のマイクロフォーサーズは面積が狭くなりますので35mm判換算の焦点距離は約2倍になります。

※ズームレンズの場合、最大広角焦点距離(広角端:ワイド端)と最大望遠焦点距離(望遠端:テレ端)という呼び方があります。


35mm換算例

フルサイズ機とAPS-Cサイズ機の大きな違いは下記の表をご覧ください。
例として70-200mmを装着した場合の35mm換算値比較になります。

カメラタイプ焦点距離
35mm換算(広角)
焦点距離
35mm換算(望遠)
フルサイズ機等倍等倍
APS-Cサイズ機1.5倍~1.6倍
広角側の焦点距離が延びます。その分狭くなります。
広角側を活用したい方には不利になります。
1.5倍~1.6倍
望遠側の焦点距離が延びます。その分狭くなります。
望遠側を活用したい方には有利になります。

参考例

例えば70mm-200mmで撮った場合焦点距離
35mm換算(広角)
焦点距離
35mm換算(望遠)
Canon製
フルサイズ機
等倍 70mm等倍 200mm
Canon製
APS-Cサイズ機は1.6倍になります。
70mmの1.6倍 112mm200mmの1.6倍 320mm

※ニコン、ソニー、ペンタックス、富士フイルム製は1.5倍