露出を調節してみる

露出とは

露出とはレンズを通ってきた光をフイルムやセンサーに当てることです。
カメラ本体で露出を調節することにより、明るい場所でも暗い写真や、暗い場所でも明るい写真を撮ることが出来ますが、カメラの性能により限度があります。
露出値は、通常、Exposure Valueの略でEVで表記されます。

露出(露出値)は絞り(F値)と露光時間(シャッター速度)の組み合わせ、「ISO感度」で調整することが出来るようになってます。

露出を思い通りに保つためには、「絞りを開けてシャッタースピードを早くする」か、「絞りを絞ってシャッタースピードを遅くする」といった方法がありますが、合わせ方に正・誤はなく、何通りもの組み合わせの中から自分の好みに合った方法で調整するしかありません。

しかし、絞りとシャッタースピードで写真の明るさを程良く設定するのは面倒になります。
そもそも絞りやシャッタースピードをどうやって、どの程度調整すれば好みの明るさになるのかなん分かり辛く、また調整が出来たにしても時間が掛かり、シャッターチャンスを逃しますよね(^^♪

でも、ほとんどのデジカメには適正露出機能(AE)が、搭載されており、何の操作もせずに、カメラに露出を任せておけば、被写体の明るさや色を検出して、明るい被写体でも暗い被写体でも適正な明るさの写真を撮影することができます。
このことを「適正露出」といいます。

※適正露出の写真がどんな場合でも、最適な明るさの写真だとは限りません。


露出補正

これから先、必ず経験されると思いますが!?
適正露出の設定であっても、カメラに搭載されたTTL露出計の測定により、黒い色(黒い毛の犬など)をメインで撮るときに、全体的に明るい写りの露出オーバーになったり、白い色(雪の風景など)をメインに撮るときに、全体的に暗い写りの露出アンダーになったりします。

そんな中途半端な思い出の写真になって欲しくない場合は、簡単な露出補正を行えば自然な感じに撮影出来ます。

※通常カメラが決めた標準的な露出を意図的に変えることを、露出補正といいます。

露出を明るめ(プラス補正)にしたり、暗め(マイナス補正)にして撮影できます。
細かい設定などをしなくても、露出補正などの機能を使えば、ある程度は、好みの色に近い明るさの写真を撮影することが出来ると思います。

補正できる範囲や操作方法は各カメラで異なりますので、カメラに付属の取り扱い説明書や各カメラ専用のマニュアルガイド(本)等でお調べ下さい。
この操作は、覚えると大変便利ですよ!!是非覚えて下さい。

amazon 本 カメラマニュアルガイド


エントリーモデルからフルサイズまでラインナップ。



※露出補正はオートモードでは設定できません。
例えばキャノンのモードダイヤルなら応用ゾーンの(M)以外のモードで撮影して下さい。


露出を調節してみる

下記の写真A,B,Cは同じ被写体で曇りの日に撮影しました。
露出を意図的に変えた写真です。
露出補正ステップ-0.7(-2/3段)EV、ステップ 0(適正露出)EV、ステップ+0.7(+2/3段)EVの順です。

A 暗い (-2/3段)EV
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、A 暗い -0.7(-2/3段)EV


B 適正露出
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、B 適正露出


C 明るい (+2/3段)EV
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、C 明るい +0.7(+2/3段)EV



下記の写真D,E,Fは同じ被写体で晴れの日に撮影しました。
露出を意図的に変えた写真です。
露出補正ステップ-0.7(-2/3段)EV、ステップ 0(適正露出)EV、ステップ+0.7(+2/3段)EVの順です。

D 暗い (-2/3段)EV
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、D 暗い -0.7(-2/3段)EV


E 適正露出
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、E 適正露出


F 明るい (+2/3段)EV
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、F 明るい +0.7(+2/3段)EV



下の写真は-0.7(-2/3段)EVから+0.7(+2/3段)EVまで5段階に露出補正しました。
露出補正値とシャッター速度が変わり、ISO感度、焦点距離、F値は固定でホワイトバランスはオートです。

同じ被写体の何枚かの写真を、一枚ずつ見ただけでは違いに気付かない事があります。
マイナス補正からプラス補正まで連番で撮影をされて、下の写真のように並べて確認してみて下さいね!色合いが分かりやすいと思います。

カメラ付属のパソコン用ソフトのサムネイルなどで確認されれば、ご理解い頂けると思います)

このシーンは絶対に良い写真で残したいと思った時には、面倒でも-2/3~+2/3段EV位までの範囲で露出補正を行いながら撮影してみて下さい。

感度:ISO100
焦点距離:18mm
絞り値:f5
シャッター速度:
1/1000
露出補正:
-0.7(-2/3段)EV
AWB
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、-0.7(-2/3段)EV


感度:ISO100
焦点距離:18mm
絞り値:f5
シャッター速度:
1/800
露出補正:
-0.3(-1/3段)EV
AWB
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識。-0.3(-1/3段)EV


感度:ISO100
焦点距離:18mm
絞り値:f5
シャッター速度:
1/640
適正露出:
0(0段)EV
AWB
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、0(0段)EV


感度:ISO100
焦点距離:18mm
絞り値:f5
シャッター速度:
1/500
露出補正:
+0.3(+1/3段)EV
AWB
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、+0.3(+1/3段)EV


感度:ISO100
焦点距離:18mm
絞り値:f5
シャッター速度:
1/400
露出補正:
+0.7(+2/3段)EV
AWB
デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、+0.7(+2/3段)EV



写真の良し悪しは撮影環境に合った、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどが左右します。カメラ任せの適正露出で撮影をすることも良いと思いますが、被写体に合った意図的な露出調整を行い、写真に好みや変化をつけてみるのも楽しいと思います。


amazon 本 カメラマニュアルガイド


デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識の楽天ショッピング