撮像素子/センサー

搭載されている撮像素子の違い

pentaxのページより

撮像素子とはレンズから入って来た光(画像)をデジタル信号(電気信号)に変換する半導体素子だと覚えて下さい。
撮像素子はCCDイメージセンサーやCMOSイメージセンサーなどとも呼ばれてれています。

撮像素子(イメージセンサー)はフィルムカメラのフィルムに相当する部分で、デジタル一眼レフカメラの撮像素子(イメージセンサー)はコンパクトデジカメやケータイのカメラのものとは異なり、サイズも大きく、それゆえの高画質となります。

この撮像素子の大きさや画像エンジンの性能で写真の画質が決まります。
同時に撮像素子のサイズが大きくて、高性能の処理エンジン搭載のデジカメの方が高額なります。

※撮像素子自体のサイズは各メーカーさんで異なり、多くの種類がありますので、ご購入予定製品の詳しい内容を知りたい方はWEB上の資料やカタログなどでお調べ下さい。

デジタル一眼レフカメラの撮像素子の大きさは、下記の様なサイズになります。

プロフェッショナルモデル、ハイアマチュアモデルの一部ではフルサイズ 約36.0×24.0mm
ハイアマチュアモデルやエントリーモデルではAPS-C 約22.3×14.9mm
デジタルコンパクトカメラでは1/2.3型 約6.2×4.3mm

製造各メーカーで、デジタルカメラに搭載されるサイズには違いがあり、一律ではありません。
こうして比率図を見ればお分かりの様に、撮像素子(イメージセンサー)の大きさが、いかに違うものかが、一目瞭然です。

最近のコンパクトカメラや一部のスマートフォン(携帯電話)などに、搭載されている1/2.33型 撮像素子(イメージセンサー)は、35mm1コマに対して約3%の面積しかないと雑誌等に掲載されておりますが、それが現実の様です。

※下記の参考図は撮像素子の実際の大きさではありません。あくまでも大きさを比較するためのイメージになります。
※ほとんどのスマートフォン(携帯電話)には、1/2.33(6.4×4.3mmサイズ)よりも、1サイズ小さいサイズが搭載されているようです。


撮像素子比較図(拡大)
※実物大ではありません。

デジタル一眼レフカメラ入門と選び方・使い方!!基礎知識、各サイズの撮像素子(イメージセンサー)







撮像素子(イメージセンサー)は大きいサイズを!!。

※イメージセンサーはCCDやCMOSとも呼ばれています。

上級者・中級者向けの一部のデジタル一眼レフカメラには、フルサイズと呼ばれ、35mmフイルムとほぼ同じ大きさの撮像素子(イメージセンサー)?が搭載されております。

撮像素子(イメージセンサー)は大きければ大きいほど、写真の画質がよくなります。

初心者用(エントリーモデル)のデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼に搭載された撮像素子(イメージセンサー)のほとんどはAPS-C(約23.5 x 15.6mm)またフォーサーズ(約17.3×13.0mm)と呼ばれ、フルサイズ(約36.0×24.0mm)より約半分のサイズ(面積)になります。

カメラタイプ撮像素子サイズメーカー名
デジタル一眼レフカメラ中判フォーマット
(約43.8 × 32.8mm)
ペンタックス
フルサイズ
(約36 × 24mm)
キヤノン、
ニコン、
ペンタックス
APS-C
(約23.5 × 15.6mm)
キヤノン(他社のサイズに比べ約10%程狭い)
ニコン、
ペンタックス、
シグマ、


カメラタイプ撮像素子サイズメーカー名
レンズ交換式カメラ
ミラーレス
デジタル一眼カメラ
等々
フルサイズ
(約36 × 24mm)
ソニー
APS-C
(約23.5 × 15.6mm)
キヤノン(他社のサイズに比べ約10%程狭い)
ニコン、
ソニー、
リコー/ペンタックス、
富士フイルム、
シグマ、
フォーサーズ
(約17.3 × 13.0mm)
オリンパス、
パナソニック、
ニコンCXフォーマット
(約13.2 × 8.8mm)
ニコン、
1/1.7型
(約7.5×5.6mm)
ペンタックス、
コンパクトデジカメ1/1.8型
(約7.1×5.4mm)
コンパクトデジカメの上位機種などに採用
iPhoneやスマホなどにはもっと狭い素子が採用


デジタル一眼をはじめる方におすすめ!!エントリーモデルをamazonで今すぐチェック!!




CANON EOS 5D MarkⅢ 35mmフルサイズ 一眼レフカメラの紹介

撮像素子が大きいほど光量を多く取り込むことができ、高感度での撮影が可能で高画質の写真を収める事が出来るようになります。しかし撮像素子の大きさや性能に比例して、カメラ本体の金額も高くなります。
フルサイズのデジタル一眼レフカメラを使うには、本体の操作設定やレンズの選択等々、ある程度の知識やこだわりが必要になります。

初心者の方に、いきなりフルサイズのカメラは必要ないと思いますが、予算的に余裕のある方や熱いハートの方には、おすすめ致します。

下の2種類の一眼レフカメラの写真をご覧いただければ、カメラ内部ミラーや撮像素子の大きさ(広さ)の違いにお気付きだと思いますが、構造的にミラーの奥に撮像素子があり、写真上では70Dの方は見えない状態です。
撮像素子の大きさに比例してミラーサイズも変わります。
撮像素子とミラーの広い方が35mmフルサイズで小さい方がAPS-Cサイズ約22.5×15.0mmになります。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III

35mmフルサイズ約2230万画素CMOSセンサー搭載。
常用ISO感度100~25600と最高約6コマ/秒の高速連続撮影
約152.0(幅)×116.4(高さ)×76.4(奥行)mm
質量:約950g(CIPAガイドラインによる)/約860g(本体のみ)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D

デュアルピクセルCMOS約2020万画素CMOSセンサー(APS-Cサイズ約22.5×15.0mm)
最高約7コマ/秒の高速連続撮影
大きさ:約139.0(幅)×104.3(高さ)×78.5(奥行)mm
質量:約755g(CIPAガイドラインによる)/約675g(本体のみ)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ

デジタル一眼レフカメラ EOS 70D ダブルズームキット


撮像素子のサイズと種類

撮像素子のサイズと種類を下記のような、表を作成をしております。参考程度にご覧下さい。

フルサイズ
(約35 × 24mm)
フルサイズの撮像素子搭載のカメラは、通称フルサイズカメラと呼ばれており高額なものになります。
おもにプロ用やハイアマチュア用の機種として発売されています。
フルサイズカメラの性能は優れ高画質で、カメラ本体もレンズも大変高額なものになります。
APS-Cサイズ
(約23 × 15mm)
デジタル一眼レフカメラ(デジタル一眼、ミラーレス)に採用されている素子の中でも、APS-Cサイズ(約23×15mm)も素子サイズとしては大きい方になります。
メーカー各社で素子サイズは異なります。

ミラーレス一眼ではcanon/キヤノン EOS MやフジフィルムのX-Pro1やソニーのNEXシリーズ。レンズ一体型ではフジフィルムのX100S等があります。

マイクロフォーサーズ
4/3型
(約17.3 × 13.0mm)
OLYMPUSとPanasonicのレンズ交換式モデルに搭載されております。
フォーサーズもマイクロフォーサーズも撮像素子面積は同じです。
CXフォーマット
(約13.2 × 8.8mm)
Nikon1シリーズ。ソニーのレンズ一体型コンパクト機 RX100など。
1/2.33型
(約6.2 × 4.6mm)
最近のほとんどのコンパクトデジタルカメラに採用されています。
このサイズの撮像素子(イメージセンサー)搭載になれば一眼レフ特有のような、ボケ味はほとんど出せないと思います。
もちろんカメラの構造も異なります。

1/2.33型撮像素子(イメージセンサー)は、35mmフィルム1コマに対して3%程の面積で、フルサイズデジタル一眼の撮像素子に比べると、約1/30の面積に画像を記録している事になり、そのように小さな撮像素子に一眼レフ並みの画素数で画像を記録してるそうです。

例えば同じ画素数のデジタル一眼レフカメラ(APS-Cサイズ)とコンパクトデジタルカメラ(1/2.33型イメージセンサー)で撮った写真を、原寸大まで拡大すれば、その差は歴然でコンパクトデジタルカメラの画質は劣ります。

デジカメ(全般)に言える事ですが、撮像素子が画質に大きく影響します。どのカメラでも撮像素子を大きく出来れば良いのでしょうが、大きい撮像素子を搭載すれば、すべてにおいて金額が高くなります。
プロフェッショナル用のフルサイズやハイアマチュア用のデジタル一眼レフカメラの本体が高額になるのは、その様に色々な技術やパーツが含まれての事とお考え下さい。


35mm判換算とは?

様々なデジタルカメラで、焦点距離の同じレンズを使用して撮影をした場合、カメラ本体に搭載された撮像素子により、画角(映る範囲)が変化します。

そのような場合35mm判以外のフォーマットのレンズの画角を把握するのに、35mm判のレンズの焦点距離に換算した方が理解しやすいため「35mm判換算焦点距離」が用いられるようになりました。

そのように換算された焦点距離の値を35mm換算値と云います。
35mm判換算の焦点距離は各カメラメーカーの本体やレンズの仕様書またはカタログ等に表記されております。

例えばキヤノンのデジタル一眼レフカメラ (撮像素子:APS-C・約22.3×14.9mm) Eos x7iやミラーレスカメラ(デジタル一眼ノンレフレックスAF・AEカメラ)の場合、有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当と表記してあります。

CANON EF-Sレンズ EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIをEos x7i に装着したとします。
このレンズで換算すれば18-55mm×1.6倍=広角端29~望遠端88mm相当の焦点距離をカバ-出来るようになります。

※ニコン、ソニー、ペンタックス、富士フイルム製品の撮像素子:APS-Cサイズは少し面積が広くなりますので、35mm判換算の焦点距離は1.5倍になり、同じ焦点距離のレンズであれば広角端27~望遠端83mm相当の焦点距離をカバ-出来るようになり広角側が、やや広くなり、望遠側の距離が短くなります。

パナソニック、オリンパス製のマイクロフォーサーズは面積が狭くなりますので35mm判換算の焦点距離は約2倍になります。

※ズームレンズの場合、最大広角焦点距離(広角端:ワイド端)と最大望遠焦点距離(望遠端:テレ端)という呼び方があります。